1回法のインプラントを、写真とレントゲン画像つきでドクターが解説。

写真とレントゲン写真で見るインプラントの流れ

通常の写真とレントゲン写真で見る、1回法のインプラントの治療例です。

※1回法:インプラント埋入オペの後、2次オペを行う必要のない術式。(⇔2回法)

写真提供、監修:丹野歯科医院 院長 丹野 努 先生

永久歯が生えてこない方もいます。

先天的な永久歯の欠損のため、もともと小臼歯が生えていませんでした。

歯を作るためにはブリッジの治療という選択肢もありましたが、健康な歯を削らなくてはならないため、インプラント治療を選択されました。
比較的簡単なインプラント治療なら、手術が1回で済む1回法を選択しています。


埋入前の測定

インプラントを埋入する方向性と深さを、インジケーターを用いて測定します。

下歯槽神経のループの先端が見えていますが、CT撮影にて3次元的に問題がありません。


1次オペ完了

測定した結果に基づいて、Straumannインプラントを埋入しました。

切開からここまで、およそ15分程度です。このインプラントはあまり痛くない傾向があり、中には痛み止めを飲まない方もいるほどです。


レントゲン写真

埋入後のレントゲン写真です。上の写真と同時期のものです。理想的なポジションに入っています。

このまま、骨とインプラント体が結合するのを待ちます。この間は仮歯ですごします。


型取り

2ヶ月経過後、インプレッションポストを用いて、オープントレー法で型取りします。


土台

土台が建ちました。Straumannインプラントの歯肉の治りはとても美しいです。


治療完了

セラミッククラウンを装着して、治療は完了です。インプラントとぴったり合っています。


治療後

インプラントの治療後の写真です。インプラントはとても自然な仕上がりで、まるで本物の歯のようです。


インプラント治療にあたって

丹野歯科医院 院長 丹野 努 先生

以前のインプラント治療はその10年生存率に注目が集まっていましたが、 現在は成熟期を向かえ、より美しく、痛くなく、骨がないところに行うことに シフトしています。

いままでの歯科治療はどうしても他の歯に負担をかけてしまいそれが元で逆に歯の喪失を早くしてしまうことにもなりかねませんでした。

その点、インプラント治療は、他の歯に迷惑をかけないプラスの治療法なのです。これからは1本でも歯を失ってしまったところにインプラント治療を行うことは、お口の中全体の健康を長期的に保つためにも 第一選択の治療法ということになります。

丹野歯科医院
〒323-0024 栃木県小山市宮本町3-8-29
電話:0285-22-0164

関連記事

このページの一番上へ ▲