前歯部の抜歯即埋入のインプラントを、写真つきでドクターが解説。

抜歯即時埋入(前歯部)の治療例

左上前歯(側切歯)のインプラント希望で来院されました(女性30代)

口腔内所見では左上側切歯歯根相当部から排膿があり、CT所見にて大きな骨欠損が認められました。歯間乳頭を保存するために抜歯即時埋入としましたが抜歯後の感染した骨面の掻把を確実に行えるよう明視野での手術を予定しました。

写真提供、監修:人形町ハルタ歯科 院長 春田 英政 先生

抜歯即埋入の術前写真

左上側切歯(二番目の歯)がかなり変色し、根の先あたりから膿がでていました。


インプラントCT画像

CT画像で大きな骨欠損が認められました。保存不可能と判断してインプラント治療を計画しました。


1次オペ

歯肉を剥離して、抜歯後十分に中を掃除してからインプラントを埋入しました。

抜歯


GBR(骨再生誘導法)

埋入時はインプラント本体の位置・深度に注意をしながら行い、大きな骨欠損がみられるためGBR(骨再生誘導法)も併せて行いました。


インプラントCT画像

術後のCT画像です。将来的に骨吸収することも考え、大幅に骨増成しました。


2次オペ

治癒期間を置いた後、二次オペを行い仮歯で調整しました。


セラミックの歯を装着

その後、セラミックの歯を装着して終了しました。

手術前


完成 正面からの写真

正面から見た写真です。しっかりと噛めるようになっただけでなく、治療前と比べて、歯ぐきや歯冠部がきれいになった事がおわかり頂けると思います。


完成 CT画像

最終補綴物が入った際のCT画像です。骨の状態は安定しています。 今後は定期的なメンテナンス期間に入ります。


インプラント治療にあたって

人形町ハルタ歯科 院長 春田 英政 先生

インプラント治療の普及にともなって、CTを導入する医院が増えてまいりました。 今回の治療もCTが無ければそのまま根管治療を続けていた可能性もあります。CT撮影することにより、保存不可能な歯を早期に発見でき、早期治療が可能になります。 このように初期の診査、診断が治療する上で特に重要であると考えております。

人形町ハルタ歯科
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-8-10三ツ美ビル2F
電話:03-6905-8811

関連記事

このページの一番上へ ▲