インプラント歯科関連用語集、は行

インプラント用語集 は行

歯科用語集目次一覧

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

[は行]
ハイドロキシアパタイト(Hydroxyapatite:HA)
ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、 エナメル質の97%、象牙質の70%を構成しています。
Caとリン酸の反応で合成され、湿式合成、水熱合成などで人工的にも作られます。 HAの用途として、人工骨、初期虫歯が治る歯磨き等をはじめ、消臭剤、ウィルス用マスクのウィルス吸着剤、重金属吸着剤など幅広く利用されています。
HAコーテッドインプラント/HAインプラント
ハイドキシアパタイト(HA)がコーティングされたインプラント。
インプラント体に、骨と同成分であるHAがコーティングされているため、埋入部の骨との間にカルシウムが沈着することから、HAインプラントの骨結合は、バイオインテグレーションとも称されます。本体と表面のHAのコーティングとの信頼性が、成否のポイントとなります。
抜髄(ばつずい)
根管の中には神経や血管があり、この部分を歯髄(しずい)といいます。
歯髄まで虫歯が到達すると、たいていの場合は、強烈な痛みを感じ、歯髄の炎症がひどくなると除去しなくてはならなくなります。歯髄を抜き去る処置を、抜髄処置といいます。 麻酔をして、虫歯の部分を除去し、歯の噛む面から穴を開けて針のような専用の器具(リーマーやファイルといいます)を使用し、歯髄をこそぎとるように除去します。そのあと特に症状がなければ、歯髄が入っていた根管に根の破折防止や再感染防止のためにゴムやセメントの材料を根管内につめて処置は終了です。この後歯に穴を開けていますので土台を作成し、最終的な被せ物をして終了となります。虫歯だけでなくひどい知覚過敏などのときも行うこともあります。
パルスオキシメーター (経皮的動脈血酸素飽和度測定器)
パルスオキシメーターとは、動脈血の酸素飽和度と心拍数を無侵襲に、リアルタイムに連続測定することができる測定器です。 通常の歯科治療の場合は、呼吸循環系合併症のある場合の、リスク管理のために使用されます。
表面麻酔 (ひょうめんますい)
局所麻酔(部分的な麻酔)の一種で、注射その他の痛みを伴う処置をする前に、処置部分の表面に麻酔を塗ることで、痛みを和らげます。
ヒーリングアバットメント
インプラント埋入オペ後、埋入部の頭部の保護、食片圧入の防止、歯肉の形成の目的で一時的に使用されるパーツ。
フィクスチャー
インプラントの、天然歯でいう歯根にあたる部分。インプラント体言われます。
現在主流なのは、生体と親和性の高いチタンで作られたもので、純チタン製のものや、チタンの周辺にハイドロキシアパタイト(歯や骨の成分)をコーティングしたタイプが存在します。 チタンに表面加工を施した人工のインプラント体を、顎骨内に埋め込んで骨と結合させます。
ヒーリングキャップ
アバットメント頭部の保護、食片圧入の防止、歯肉の形成の目的で、一時的に使用されるもの。
副鼻腔
副鼻腔とは、一般的に鼻の穴の奥に位置し、上顎洞(じょうがくどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、篩骨洞(しこつどう)からなる。どれも鼻腔とは小さな孔を通してつながっていて、上顎洞は眼球の下あたり、前頭洞は眼の上、篩骨洞は両目の間、蝶形骨洞は眼の奥にあります。それぞれ左右一対で、人によって形や大きさに個人差があります。
ブリッジ
架橋義歯。欠損した部分とその隣の歯に、金属冠をかぶせたり、二本以上の土台に技工物をもたせたブリッジをかぶせて、補う方法です。
フロス
歯と歯の隙間の手入れに用いる、糸状の歯の清掃用具。主にナイロン製のものが流通しています。
補綴(ほてつ)
歯の欠けた部分を金属や歯科材料などで補い、機能を修復すること。
補綴物(ほてつぶつ)
歯の欠けた部分を補うもの。入れ歯、詰め物、かぶせ物等のこと。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

このページの一番上へ ▲