インプラント歯科関連用語集、か行

インプラント用語集 か行

歯科用語集目次一覧

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

[か行]
ガイデッドサージェリー
インプラントを埋入窩形成のためにドリルガイド(サージカルガイドプレート)を用いてドリリングする方法のこと。ドリルの位置、方向、深さを規定できます。ドリルガイドの口腔内での正確な再現性が必須となります。
下顎孔(かがくこう)
下顎枝内面のほぼ中央に存在する下顎管の入り口のこと。下歯槽神経、下歯槽動・静脈が通っています。
顎(がく)
あごのこと。
上の顎のことを上顎(じょうがく)、下の顎のことを下顎(かがく)といいます。
顎堤(がくてい)
義歯をのせる部分。歯槽堤(しそうてい)とも言います。
歯が全て無くなった顎のことを、無歯顎(むしがく)、歯のある顎を、有歯顎(ゆうしがく)といいます。
残っている歯のことを、残存歯(ざんそんし)といいます。
窩洞(かどう)
ある一定の条件に従って形成した洞を指す。
カバースクリュー
インプラント頭部を保護するフタに相当するパーツ。
仮歯(かりば)
治療の途中で仮に付けておく歯のことです。テンポラリークラウン(略してテック)、暫間歯(ざんかんし)とも言います。
感染根管処置(かんせんこんかんしょち)
感染根管処置とは、大きな虫歯や抜髄処置を終了せずに放置したり、かぶせ物の下で虫歯が進行したときに根の先に起こる炎症を治療する処置です。
根管内の汚染物質を針のような専用の器具(リーマーやファイルといいます)にて除去し、殺菌効果のある薬剤を併用し治癒させるといった方法です。感染根管処置は、感染源がなくなり、なおかつ根の先の炎症が治まらないと根の中に最終的な材料を根管内に詰められないので時間がかかります。
技工物(ぎこうぶつ)
義歯、歯を補うインレー、クラウン等のかぶせもの、マウスガード等の補綴物(ほてつぶつ)のこと。
歯科医師の指示のもとに技工物を作製・加工する専門職が歯科技工士で、厚生労働大臣の認定する国家資格になっています。
義歯(ぎし)
歯が抜けたり欠けたりしたあとを補う、入れ歯のこと。
残存歯がある場合の局部義歯(きょくぶぎし。部分入れ歯)と、全ての歯がない場合の、総義歯があります。
局所麻酔 (きょくしょますい)
手術時などに、意識を失わせることなく、知覚神経末梢に作用して刺激伝導を遮断し、身体の一部の知覚を消失、または鈍麻させること。局部麻酔。
クラスプ
入れ歯の留め金
クラウン
歯の欠損が大きい場合に用いられる被せ物。 クラウンは大きく分けると、歯冠部全体を被覆する全部被覆冠の他、一部を被覆する一部被覆冠、根管にポストを入れることで土台とし、歯冠全体を作る歯冠継続歯に分けられ、それぞれの中に多くの種類のクラウンがあり、歯の種類や欠損の部位、患者の希望などにより使い分けられます。
欠損 (けっそん)
歯がない事。 欠損部位→歯がない部分・部位。
口腔 (こうくう)
口からのどまでの空洞部分。口の中。
骨移植 (こついしょく)
骨が薄い場合、他の部位から採取した骨片を移植し、骨のボリュームを出す。採取する部位は、下顎枝部・上顎結節部・オトガイ部・腸骨、上下顎臼後部、頸骨等から採取ます。インプラントにおいては、埋入部分の骨を増大させる方法として行われます。
骨造成(こつぞうせい)
骨を増やすこと。従来から行われている骨造成の方法としては、骨の自家骨移植、GBR法などがあります。
骨再生(こつさいせい)
欠損した骨組織が新たに形成されること。塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)や、骨形成因子(BPM)などの増殖因子の存在が知られている。
根管(こんかん)
歯根の中軸にある管状の部分。象牙(ぞうげ)質に囲まれていて歯髄(しずい)が詰まっています。
根管治療(こんかんちりょう)
根管治療とは、歯根の中にある神経の治療のことで、根管外への感染源を除去する治療です。
根管は本来無菌状態にあるのですが、虫歯の放置等により、根管内が細菌に感染し、歯髄が死んでしまう場合があります。 死んでしまった歯髄は取り去るために、 歯髄腔を清掃し、防腐的材料を根尖孔まで充填(根管充填:こんかんじゅうてん)します。
根管治療には、歯髄を抜き取る抜髄処置と、根の先を治療する感染根管処置があります。

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

このページの一番上へ ▲