インプラントは高い・・・入れ歯、義歯は安い?

インプラント治療を検討する際に、費用の高さは気になる部分です。 それでは、入れ歯や義歯はインプラントと比べて安いといえるのでしょうか?

ここでは、歯が4本無い場合を例にとって比較してみます。

初期コストの差は?

費用を最初に治療する際にかかる初期コストと、治療後の事も含めた生涯にわたってかかるコストに分けて考えてみたいと思います。

まず、治療する際の初期コストとしては、インプラントのほうが高額な場合がほとんどです。
ただし、入れ歯にも保険適応のものとそうでないものがあり、保険外の自費の入れ歯、義歯の場合は、インプラントより高額になる場合があります。

健康保険だと、3割負担の方の場合は、部分入れ歯の場合は前後の処置などあわせて1万円程度、総入れ歯の場合は10000円から15000円程度で作成できるようです。 保険の入れ歯は安く作れますが、使える材料や調整、修理の回数などに制約があります。

その制約の中で作られた入れ歯や義歯に満足ができない場合は、自費の入れ歯か、インプラントを検討する事になります。

例えば、保険適応の総入れ歯の場合は、作り物の歯の部分と、お口の粘膜を覆う床(しょう)の部分は、レジン(プラスチック)で作成されます。

プラスチック製のため、修理がしやすいという利点がありますが、丈夫さを確保するために床の部分に厚みが必要になります。
その厚みが違和感につながりやすいですし、食べ物の温度が伝わりにくいというデメリットも生じます。
より薄く、温度も感じられる金属で床部分を作る義歯がありますが、こちらは保険適応されないため、自費になります。

また、部分入れ歯の場合、留め金の部分は金属でつくられます。金属のため治療箇所によっては目立ちますし、金属の留め金を掛けるために健康な歯を削る事になります。

削った部分の歯は表面を覆う硬いエナメル質が無くなるので弱くなり、虫歯にかかりやすくなります。さらに部分入れ歯にかかる噛む力も余分に負担もかかるので、支えになった歯の寿命は短くなります。
削った歯は回復しない上に、他の歯にかかるはずの負担がかかって寿命が短くなるため、健康な歯に負担をかけたくない場合は、インプラントを検討する事になります。

部分入れ歯より違和感が少ないのがブリッジ(固定式の架橋義歯)ですが、こちらも支えにする歯を削る必要があります。削った歯の上に支えとなる部分を被せて固定します。通常は無くした歯の両隣の歯を支えにしますが、箇所や状態によっては、もっと多くの歯を支えにする場合もあります。

こちらも削ることによって生じるエナメル質の喪失、無い歯にかかるはずの負荷もかかるので、歯の寿命は短くなります。場合によっては歯の神経を抜かなくてはいけない事もあり、その場合はさらに寿命は短くなるでしょう。

保険のブリッジには適応のルールが細かく定められているので、抜けた歯の箇所や隣の歯の健康状態などによって、選択できない場合もあります。治療する本数や箇所にもよりますが、3割負担の方の場合で1万円から4万円程度が治療費の目安です。

保険の入れ歯やブリッジの費用は3割負担の方でだいたい5000円から4万円くらいが目安になりますが、自費の場合は医院によってかなり治療費に開きがあります。 ぴったりの入れ歯を作ると評判の高い先生の場合、何100万円もの治療費になる場合もあります。

インプラントだから高い、入れ歯は安い、というわけではなく、保険が適応される入れ歯は安い、保険外診療は入れ歯でも高い、といえるでしょう。


長期的なコスト、生涯コストとしては?

それでは、長期にわたってかかるコスト、生涯コストの差はどうなるでしょうか?

インプラントの場合は、年に1回から数回、歯科医院でチェックやクリーニングに通うことが望ましいです。その際には5000円から1万円程度のコストがかかりますが、定期的に歯科医院でチェックを受けて、クリーニングをしてもらう事で、インプラントを健やかに保つだけでなく、他の歯の健康を守ることもできます。
健康な歯を悪くして、その分治療費が加算される事を考えれば、結果的に生涯にかかる治療費をおさえる事につながるでしょう。

ただ、インプラントの本体に問題がなくても、上部構造が欠けたり割れたりする場合があります。医院によっては保障を設けているところもあり、無料で作り直してもらえる場合もありますが、そうでない場合は実費がかかります。

一方、入れ歯や義歯の場合ですが、こちらは使っているうちにどうしても調整や再製作が必要になってくるので、その費用がかかります。

はじめにしっくりとなじむ入れ歯を作ってもらえた場合でも、毎日使っているうちに、形に歪みが生じたり、材質によっては劣化したりしてきます。
また、歯の無い部分の顎の骨は徐々に痩せて退化していきますし、ブリッジや義歯を支えていた歯が傾いてきたりして、入れ歯自体に変化がなくても、顎や歯のほうが変化して合わなくなっていく場合もあります。

入れ歯や義歯が合わなくなった場合は、調整をしてもらってみて、それでは無理であれば、また新しいものを作る事になり、その費用が必要になります。

ブリッジや部分入れ歯の場合は、支えにしている歯の寿命から生じる問題も避けては通れません。 削られて余分な負担をかけられた歯は、数年から8年程度で支えとして機能するのに不十分な状態になってしまう事がほとんどです。その場合は、別の健康な歯に支えになってもらう必要があります。

そして、その新たな支えの歯も寿命がきたら、さらに別の歯を削ってかぶせて、と、健康な歯が徐々に減っていく事になります。何本もの歯が連続して失われた場合はブリッジでの治療が無理になるので、その場合は部分入れ歯など、別の治療法を検討する事になります。

いずれにせよ、支えの歯の寿命に応じて再治療の費用がかかることは避けられず、健康な歯の本数まで減らしていく事になります。

そして、歯の本数が減った場合は、それにあわせた新しいものを作り直す必要があります。
作り直す際、保険の入れ歯であればそれほどコストはかかりませんが、自費の入れ歯の場合は、また高額な費用がかかります。

どういう入れ歯を選択するかによって、初期コストも生涯コストも変わってくるため、一概に入れ歯のほうが安くてインプラントのほうが高い、とは言えません。

ただ、インプラントは他の健康な歯に負担をかけませんが、オペを行うことによるリスクがゼロではなく、入れ歯や義歯の場合はオペのリスクはありませんが、健康だった歯の寿命を短くして歯の本数が減少していく事を避けられないという事は、確かだと言えるでしょう。

このページの一番上へ ▲