インプラントの費用の総額について

一見しただけではわからない?治療にかかる費用の全額

インプラントの費用は大まかに、インプラント体とそれをオペで埋め込むための費用と、埋め込まれたインプラント体の上にかぶせる歯冠にあたる部分の人工歯(上部構造)にかかる費用にわけられます。

安い!と思っても「オペ費用だけ」が示されている場合も。

インプラントの相談にいった場合、見積書やそれに相当する書面をくれる歯科医院もありますし、歯科医師に口頭で伝えられる場合もあると思います。

どちらの場合も、インプラント体やオペ費の費用だけか、上にかぶせる人工歯の費用も含まれた費用かを確認しておいたほうが良いでしょう。

というのも、上部構造もそれなりに高額で、材質にもよりますが5万円~15万円程度のするものだからです。


細々とかかるかもしれないその他の費用

インプラントの術前には、歯科医院でレントゲンやCT撮影などの検査が必要になります。
相談料やレントゲン、CTの撮影費用、クリーニングの費用などについては、提示された見積に含まれる場合もあれば、別料金の場合もあります。

場合によっては術前に歯のクリーニングや、お口の中にある虫歯治療や歯周病治療が必要な場合もあります。
虫歯治療や歯周病治療については、インプラントとは別の治療になるので通常はオペ費とは別料金になります。

インプラントを行う箇所の骨の量が不足している場合は、事前に骨を増やすための処置が必要なことがあります。多くの医院では、その費用は別料金です。医院によっても、また同じ医院であっても増やす骨の量などによって、費用は異なります。

インプラントの術後には、止血剤や痛み止め、抗生物質などが投与されます。それらの薬剤は見積に含まれている場合が多いと思いますが、別設定の場合もあるかもしれません。通常の投与量より多く希望した場合は、差額がかかる場合もあります。

また、インプラントに適した歯磨きや洗口剤、歯ブラシなどを勧められる場合もあるかもしれません。そういった製品は通常の歯磨きや歯ブラシに比べると少し高めです。
しかし、効用の高さに加えて、高いケア用品を使用する事で、歯磨きの回数や方法、丁寧さなど、お手入れへの意識を高めるのにも役に立つ側面もあります。ずっとそういう製品を使い続けるかどうかはさておき、術後しばらくはそれらの製品を使うほうが、より安心です。

また、インプラントの術後は、定期的に歯科医院に通って状態の確認や、ご自身では取るのが難しい汚れのクリーニングを受ける事が大切です。 医院によって費用は異なりますが、1回数千円から10000円程度が目安です。

インプラントで歯根にあたる部分である人工歯根を作るためのオペ費用、歯冠にあたる部分の人工歯を作る費用、術前の検査などにかかる費用、術前に処置が必要だった場合にかかる費用、術後の投薬にかかる費用などについては、見積の中に含まれているか、含まれていないかは、医院によってまちまちです。

医院のホームページに書いてある治療費の項目を見ただけでは、実際にかかる費用の総額はわからないかもしれません。
そして、複数の歯にインプラントをする場合は、欠損1本ごとにインプラントをすべて埋入するか、何本かだけインプラントを埋入して、連結した上部構造をかぶせるか、といった治療計画によっても、見積は大きく変わってきます。
先生によって治療計画が異なる事も多いので、実際に足を運んでみて、自分の場合は一体いくらになるのかを、できれば複数の医院で確認して、最も納得がいったところで治療を受ける事が望ましでしょう。


このページの一番上へ ▲