インプラント周囲炎と歯周病の共通点

インプラント周囲炎と歯周病の共通点

インプラント周囲炎と歯周病

インプラントが揺れる、インプラント周囲の骨が溶けて最終的にはインプラントを抜かなくてはいけなくなる…

そんな怖いインプラント周囲炎、実は歯周病とも深い関係があるのです。

共通した原因

歯のしくみとインプラント

インプラント周囲炎・歯周病とともに大きな原因は、細菌の塊「歯垢(プラーク)」です。

歯についた歯垢が唾液の成分により石灰化し固くなったものを歯石と呼びます。

これを放置しておくと、歯と歯茎の中で大きくなり、炎症がひどくなり、周囲の骨が溶けていきます。これが歯周病です。

歯茎が腫れていたくなったり、歯がグラグラ揺れてくるなどの症状があります。

インプラント周囲炎も同様で、インプラントを入れたまま、メンテナンスをきちんと行わないとインプラントの周囲ついた歯垢が原因で周囲の歯肉が腫れ、インプラントと結合している骨を溶かしていきます。

また、歯周病にかかったことがある人はインプラント周囲炎になりやすいこともわかっています。

予防法

きちんと定期的なメインテナンスを受けていると、インプラント周囲炎にかかりにくいこと、歯周病になりにくいことがわかっています。

良好な口腔内を維持するためにも、治療をしてもらった歯科医院できちんと定期健診をうけることが一番の近道でしょう。

このページの一番上へ ▲