健康な歯のために大切な、歯周病対策

健康な歯のために大切な、歯周病対策

大人が歯を失う大きな原因、歯周病

最近歯磨きをすると血が出る、歯が揺れてきた…身に覚えはありませんか?

歯周病になってしまうとそういった症状がでてきます。 歯周病は一度なってしまうと、完治するのは難しい病気です。それはあごの骨が減ってしまうと、現在の医療では完全な再生が難しいからです。

また、歯周病にかかっている人はインプラントを入れるのが難しく、インプラント周囲炎にかかる可能性が大きく上がります。 そんな怖い疾患の歯周病について、原因や治療法、予防法についてお話しします。

原因・メカニズム

歯周病の原因は、歯についた細菌の塊(歯石)です。歯石はプラークが固くなってしまったもので、最初は歯茎の上に、だんだん歯茎の下へ広がってついていきます。

一旦付着した歯石は歯ブラシなどでは落ちず、歯科医院で専門のクリーニングを受ける必要があります。

歯石が歯茎の下へ広がり、縁下歯石となります。この縁下歯石により周囲の歯肉の炎症が起き、その影響で骨が溶けます。進行していくと歯の根が見えてき、グラグラ揺れ、最終的には歯が抜けてしまいます。

治療法

歯周病の治療法は歯科医院での歯石除去です。それに併せて、歯肉の炎症や細菌を殺すために抗生物質の歯肉ポケット内への投与を行います。こうした処置でよくならない場合は外科的な処置が必要となります。細菌を繁殖させないために、自宅での適切なブラッシングも重要となります。

予防法

予防のためには、適切なブラッシングと歯科医院での定期健診がもっとも重要です。いくらご自身で歯磨きしているつもりでも、意外と磨き残しはできてしまいます。 (歯科医師・衛生士の多くも自分の口腔内の定期健診は行ってもらっています。)

磨き残しや付いてしまった歯石を小さいうちに除去する。これがもっとも重要なことです。

定期健診に行くことを習慣にされると虫歯も進行する前に発見できるなどメリットはたくさんあります。ぜひ歯医者さんで相談してみてください。

このページの一番上へ ▲