インプラントとはどのような治療でしょうか?

インプラントとは

天然歯に近い機能を持つ人工歯を作る治療法

インプラントとは、虫歯や事故などで失くしてしまった歯を回復する治療法です。
歯を支える骨に人工歯根となるインプラント体を埋入して、その上に人工歯を被せます。

歯のしくみとインプラント

歯のしくみとインプラント

インプラントと天然歯はとても良く似たつくりになっています。

天然歯には長い歯根があり、それが歯肉の中にある歯を支える骨、歯槽骨(しそうこつ)に埋まっています。
インプラントの場合は、天然の歯根のかわりにチタンやチタン合金などでつくられた人工の歯根を歯槽骨に埋め込みます。

インプラントも天然歯も、どちらも歯の支えとなる歯根が機能しているため、入れ歯のように日常的にずれたり外れたりする事はなく、自然に食べたり話したりする事ができます。

インプラントと天然歯の違いはというと、材質が違うことと、骨との結合のしかたが違うということです。天然歯の歯根と歯槽骨は、歯根膜によって結ばれていますが、インプラントの人工歯根は骨との間に他の結合組織が介在していません。

歯根膜がクッションのような役目をするため、天然歯とインプラントでは厳密には噛み心地が異なるという意見もあります。しかし実際には、歯肉などの粘膜や骨から噛む感覚は伝わるため、違いを感じる方はほとんどいないようです。

インプラント体はなぜ骨とくっつくの?

骨と結合する性質をもつ「チタン」が使用されるからです。

インプラント体の材質であるチタンは、人体に異物として認識されず、新しい骨がチタンの周囲に取りついていきます。そして、チタンの表面の細かい部分にまで骨が入り込んでいき、インプラント体が取り込まれた状態になります。

骨に取り込まれたインプラント体は、歯を支える土台としての機能を発揮することとなります。

このページの一番上へ ▲