インプラントが治療が向いている人と、そうでない人の条件とは?

インプラント治療が向いている方、そうでない方

インプラントが向いている方

  • 入れ歯が嫌な方、合わなくて困っている方
  • 職業柄、歯の見た目がきれいな事が必要な方
  • 方前で話す事が多い方
  • 味覚が必要な職業の方、美味しく食事を食べたい方
  • 陸上などのスポーツで、歯を噛みしめる方
  • 残っている自分の歯をなるべく守っていきたい方
  • 健全な自分の歯を削りたくない方
  • あごの骨がしっかりしている方
  • 几帳面な方

インプラントは天然の歯ととても近い状態を再現できる治療法です。 見た目、噛み心地など、入れ歯の不便さを解消したい方には、適した治療法です。

インプラントを植立した後は、歯磨きの習慣や、歯科医院での定期的なチェックを受ける事が望ましいので、そういう意味では几帳面な方のほうが適しているといえるでしょう。

インプラントが向いていない方

  • 顎骨の密度と量が不足している方
  • 骨粗鬆症の方
  • 糖尿病などの全身疾患がコントロールされていない方
  • 心臓病などで医師から外科処置を止められている方
  • 血液が止まりにくい病気の方、血流を良くする薬を服用されている方
  • 歯磨きの習慣が無く、口腔衛生状態が悪い方
  • 喫煙習慣のある方

インプラントは外科処置を伴うので、血が止まりにくくなる薬を飲んでいたり、持病があって、その主治医からオペを受ける事は難しいといわれるような方の場合は、治療ができない場合があります。

骨の密度が薄い方、 量が不足している方、骨粗鬆症の方の場合は、インプラントが定着するだけの骨が足りない場合があります。骨の形状や抜けた歯の位置などによっては治療可能な場合もありますが、骨がしっかりしている人よりは難しい場合が多いです。

入れ歯を長く使用していた人はその部分の骨が痩せていきやすい傾向があります。そのため、インプラントにしたいと思っても、できない場合もあるかもしれません。インプラント治療を行うのであれば、歯を無くしてから年単位で時間が経過しないうちのほうがやりやすい場合が多いようです。

インプラントは骨とインプラント体を結合させるため、骨の量や密度が薄い方は治療が難しい場合があります。なので、骨粗鬆症の方は、インプラント治療が難しい傾向があります。

また、骨粗鬆症の方に処方される事があるビスホスホネート系薬剤は、骨粗鬆症の進行を遅らせるかわりに細菌の感染への抵抗が弱くなる場合があるので、服用されている方の場合はさらに注意が必要です。

そして、持病や体質だけでなく、生活習慣としてインプラントが不向きな場合もあります。 1つは歯磨きの習慣が無く、お口の中の状態が悪い場合。インプラントだけでなく健康な自分の歯までも痛めてしまう可能性の高い状態です。

また、喫煙習慣のある場合も、インプラントが向いているとは言い難いです。 煙草に含まれるニコチンが歯肉の中の毛細血管を収縮させ、血液や酸素、白血球のめぐりが悪くなることで、炎症が進行しやすくなるからです。 歯肉の炎症は、天然の歯の場合は歯周病、インプラントの場合はインプラント周囲炎の原因となります。

喫煙量を減らす、歯磨きの習慣をつける、という事はご自身の心がけ次第で改善が可能です。 インプラントをする、しないに関わらず、歯のために良い生活習慣を身につけて治療の必要を減らすほうが健康のためにもなりますし、治療費を削減することでお財布のためにもプラスになります。

上述していませんが、歯を無くした位置や本数、その周りの骨や神経、血管の位置などで、インプラントが難しい症例の場合もあれば、比較的容易な症例の場合もあります。 そのあたりのことは、歯科医院でレントゲンやCTの検査を受けてみないとわかりません。

実際にインプラント治療を受けるか受けないかは、歯科医院で検査を受け、ご自分の健康状態なども含めて相談をしたうえで判断されるのが良いでしょう。

このページの一番上へ ▲