インプラントの術後のお手入れ、ケアについて

インプラントを入れた後のケア

インプラントの基本ケア

インプラントの日常のケアは、基本的には自分の歯と同じです。毎日の歯磨きを欠かさない事が大切です。

デンタルリンスを使ったり、歯間ブラシやフロスで歯とインプラントの上部構造との間の歯垢を取り除くようにすると、なお良いです。

インプラント用の歯ブラシや歯磨き、洗口剤などもありますので、そのような製品が気になる方は、歯科医院で相談して下さい。


歯科医院でのメンテナンス

日常のケアに加えて、インプラントを行った後は定期的に歯科医院でチェックを受ける事も大切です。

骨と結合したインプラントは通常は取れたりぐらぐら揺れたりはしませんが、インプラントを埋めた周囲の歯肉の炎症が歯周病と同様の状態となり、それが重症化してインプラントと結合した骨の部分にまで進むと、インプラントを支える事ができなくなり、結果、インプラントが正常に機能できなくなります。

そうならないためにも、定期的に歯科医院でチェックを受け、お口の中をクリーニングしてもらう事で、長く安心してインプラントを保つ事が可能です。

定期的に歯科医院に通わなくてはならない、というのは、ある意味面倒に感じる方もいると思います。 しかしそれには、インプラントを保つだけでないメリットがあります。


定期メンテナンスを受けるメリット

お口の中にインプラントがある、ない、にかかわらず、歯科医院で定期的にチェックを受けたりクリーニングをしてもらう事は、何歳になっても歯を残す上で、とても大切です。

歯を失うと日常生活にも支障をきたしますし、なにより、治療費が高くつきます。 インプラントを検討される方は、歯の無くした時の大変さ、歯がある事の大切さを、身をもって実感されているのではないでしょうか。

定期的に歯科医院に通う事で、インプラントの状態を確認してもらうだけでなく、虫歯、歯周病などがないかも確認してもらい、磨き残した歯垢や歯石をクリーニングで除去してもらう事で、お口の清潔と健康を守ることにつながります。

残っている自分の歯を守ることにも役立つのですから、定期的に医院へ通うのを面倒だととらえるより、むしろいいきっかけとして利用されてはいかがでしょうか。

point

インプラントを入れた後は、定期的に歯科医院でチェックをしてもらう事が大切です。それを面倒と感じる方もいるでしょう。 しかし、定期検診を受ける事には、残りの歯を失わないように守る事につながるという大きなメリットがあります。


このページの一番上へ ▲