インプラントと義歯の徹底比較!

インプラントと入れ歯の、大きな違いとは!?

1. 噛み心地

インプラントと入れ歯の最大の違いは、噛み心地です。 骨と人工歯根を結合するインプラントは支えがしっかりとあるので、固いものでも自分の歯のように噛む事ができます。

しかし入れ歯では、そこまで固いものを噛むことはできません。入れ歯と歯ぐきの間に小さな食片などがはさまり痛みを感じることもあります。

2. 見た目

インプラントの場合は、天然の歯と同じように自然です。インプラントにかぶせる人工歯の色は調整できるので、残っている自分の歯をホワイトニングで白くして、その色にインプラントをあわせる事も可能です。

入れ歯の場合は、不自然に金具が目立つものから、かなり自然な見た目ものまで、様々なものがあります。 健康な歯を削って、そこに連結式の義歯をかぶせるブリッジという方法で、白い材料で治療をすれば、見た目は自然です。 総入れ歯の場合も、不自然な金具が見える、という事は無いでしょう。

ただ、保険の部分入れ歯では、入れ歯を支えるために金属のバネを歯に引っ掛ける必要があるので、見た目は悪くなってしまいます。

3. 使い勝手

インプラントの場合、通常は自分の歯のように過ごすことができます。ただ、まれに上にかぶせている人工歯が欠けることがあるので、そういう場合には、歯科医院で作り直しをしてもらいます。

もし、噛んでいてぐらぐらする、などの違和感を感じたら、歯科医院でチェックをしてもらいましょう。そのままにしておくと、インプラント周囲炎などのトラブルに発展する可能性があります。

ブリッジ以外の入れ歯は、留め金や床の部分などがあるため、多かれ少なかれ、お口の中に違和感を感じながら生活する事になります。

そして、徐々に噛む力で金属が変形して、合わなくなっていく傾向があります。入れ歯そのものに変化が無くても、歯肉の状態が変わったり、顎骨が退縮して、入れ歯が合わなくる場合もあります。 そういった場合は、調整や作り直しをしてもらうことになります。

保険の入れ歯の場合は、作り直しができる期間や調整できる回数などに制約があるので、違和感を感じても、そのまま使う事になる場合もあります。自費の入れ歯の場合は、調整に費用がかかるかどうかは、医院の方針によるでしょう。

また、入れ歯の場合は食べたり話たりしているときに、ずれたり外れたりする可能性があります。 それが気になって、会食やスピーチなどがおっくうになる方もいるようです。

4. お手入れ

インプラントのお手入れは、自分の歯と同じように毎日の歯磨きが基本です。そして、できれば半年に1回程度、歯科医院でチェックをしてもらいましょう。

取り外し式の入れ歯の場合は、入れ歯を取り外してブラシで清掃します。入れ歯を痛めないようにするため、できれば入れ歯用のブラシを使う事が望ましいです。 固定式の義歯の場合は、自分の歯と同じように歯磨きをする事になります。

入れ歯の場合は、義歯の調子が悪くなければ歯科医院へ行く必要はありません。しかし、残った自分の歯を守るためにも、できれば定期的に歯科医院で検診やクリーニングを受ける事をおすすめいたします。

5. リスク

インプラントの場合は、オペをする必要があるので、その際にトラブルが生じる可能性があります。血管を傷つけて多量の出血を引き起こす場合があります。中にはオペ時の不手際でインプラントが定着しない場合もあります。

また、お手入れが悪いとインプラントの周囲に歯周病が発生する可能性があります。それはインプラント周囲炎と呼ばれます。インプラント周囲炎は治療が難しいですし、ひどくなるとインプラントが脱離したり、インプラントを抜かなくてはいけなくなります。そうならないためにも、歯科医院で定期的にチェックしてもらいましょう。

入れ歯は外科処置を行わないので、それほど大きなリスクはないように思われます。

ただ、健康な歯を支えにするので、その歯の寿命を縮めてしまうというリスクがあります。支えの歯の寿命は、数年から十数年程度です。寿命がきたら、その歯は抜いて、また再治療をしなくてはいけなくなり、そのたびに新しい入れ歯に作り替える必要が生じます。歯の本数を減らしていくリスクは、インプラントより高いといえるでしょう。

6. 費用

インプラントは1本35万円程度と、高額です。そして、歯科医院での定期チェックには1回5000円から1万円程度の費用がかかります。

入れ歯の場合は、非常に価格差が大きいです。保険の入れ歯の場合は数万円程度ですみますが、高額な入れ歯の場合は、数百万円とかかる場合もあります。 リスクのところでも触れましたが、入れ歯はある程度の期間で作り替えが必要になります。安い入れ歯を数回作り直したのであれば、さほど費用はかかりませんが、高額な入れ歯を数回作り変えるとしたら、費用は結局はインプラントよりもかかる事になるでしょう。

インプラントも入れ歯も、それぞれ一長一短なところがあります。治療をする前には自分の歯の状態を確認して、よく歯科医師と相談して、方針を決めて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加