インプラントと入れ歯の違いとは?

インプラントと義歯(入れ歯、ブリッジ)の差は?

義歯との違いとは?

インプラントと義歯(入れ歯)との違いには、噛む力、見た目など、いろいろな要素があります。中でも一番の違いは、「歯の支え」にあたる「歯根」が存在するか、存在しないか、という点です。

義歯の種類

まず、一口に義歯といっても、様々なタイプのものがあります。
隣の歯にバネや留め金を掛ける部分入れ歯、複数の歯の上から冠のように義歯を被せるブリッジ、総入れ歯など、抜けた歯の本数や、状態などから適した義歯が製作されます。

総入れ歯や部分入れ歯など、様々な義歯が存在していますが、全て、顎の骨の中には何もなく、歯ぐきの上のみに存在しているという点が、共通しています。

ブリッジの場合は、支えとなる歯が健康であれば日常生活に違和感はそれほどないでしょう。しかし、抜けた歯の分まで支えの歯に余分な負担がかかるため、徐々にぐらぐらしたり、最悪の場合は支えの歯もダメになってしまいます。ダメになった歯は抜いて、新たな設計のブリッジか入れ歯の治療をすることになります。

ブリッジ以外の入れ歯の場合は、義歯の床やバネなどによる違和感や、ずれたり外れたりしやすい事、固いものを噛むのが大変な事、隙間にゴマなどの小さなものがはさまると痛い事など、日常生活に不便を感じる場面も少なくないでしょう。

近年では、見た目が義歯とはわかりにくいものや、固い床を使わないソフトタイプの義歯など、より良い義歯もあります。ただ、そういった義歯は保険適応外なので、インプラントと同じくらいか、場合によってはそれ以上の価格がかかります。

また後述しますが、顎の骨が痩せるのを止められないのが、義歯特有の問題でもあります。

インプラントの場合は

インプラントの場合は、歯ぐきの中の、天然の歯を支えている骨の中に、歯の根にあたるパーツを埋め込み結合させます。
チタン製の歯根(フィクスチャー)を、顎の骨と直接結合させるため、見た目も機能も、ほぼ天然歯と変わりません。

義歯との大きな違いは、天然の歯と同様の支え(歯根)があることです。人工歯根が骨と結合するため、しっかり噛むことが出来るようになります。

また、噛むことによる刺激が骨に伝わることで、顎の骨がやせない、萎縮しないという効果も得られます。

歯根がないとあごの骨が退化するのはなぜ?

骨はからだの他の組織と同じように、新陳代謝を繰り返し、毎日少しずつ生まれ変わっています。

骨をつくる「骨形成」と、骨を壊す「骨吸収」を絶えず繰り返し、骨は生まれ変わっていきます。骨が生まれ変わるのは、生命維持にかかせないカルシウムを貯蔵庫である骨から溶かし出してからだの隅々まで送り出すためと、古くなって弾力を失いもろくなった骨を生まれ変わらせることで、再びしなやかで強くするためです。

歯根がなくなり、噛む刺激が伝わらなくなると、骨形成が行われなくなります。そのため、歯が抜けたまま長らく放置したり、義歯を長年使用していたりすると、あごの骨が退化し、変形してしまうのです。

義歯は抜けた歯のかわりになるものを、歯肉の上に乗せているだけで、骨には何も無い状態です。骨の内部に噛むことによる刺激が伝わらず、不要な部分と判断されて、骨細胞の再生産が行われず、骨が徐々に痩せてゆき、長い年月をかけて顎の骨の形が変形していきます。顎の変形の程度によっては、義歯を調整しても合わせるのが困難になるため、新しい義歯を作る必要が生じます。

インプラントの場合は、顎の骨の中に人工の歯の根を生めて、骨と結合させるため、噛む刺激が直接骨に伝わります。骨を常に刺激し、骨の再生産を促すため、顎の退化を防ぐことができます。

このページの一番上へ ▲