治療の流れについて

インプラント治療の流れ

カウンセリングから上部構造セットまで

インプラントを打つ箇所や本数、骨の状態などによって、治療回数や期間に違いがありますが、一般的には治療期間は3ヵ月~1年、通院に7回~が目安となります。

Step1:初診・カウンセリング

まずは歯科医院へ予約を入れて、インプラント治療について相談をします。


  • お話を聞く
  • 検査:レントゲン写真・CT撮影、口腔内診査など。
  • 必要であれば…口腔内の清掃、歯周病の治療、他の歯の治療など。
check

顎の骨は人によって形が大きく異なります。レントゲン写真だけではなく、CTで3次元的な骨の形態を確認した上で治療計画を立案してくれる医院の方が安心です。

院内にCTを設置していない歯科医院でも、別の医療機関や施設と提携して、そこでCT撮影を行っているところもあります。

point

インプラントは治療期間もそれなりにかかりますし、治療後もメインテナンスに年1回~数回通う事が推奨されます。

治療を行ってもらう歯科医院、ドクターとは長いおつきあいになるので、相談した際に気にかかる事があったり、しっくりこない感じがしたら、他の歯科医院でもカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

Step2:オペ(インプラント体埋入手術)

インプラントのオペには1回法と2回法があります。医院や症例によって術式は異なりますので、初診・カウンセリング時に確認しておくと良いでしょう。 術後には消毒と抜糸のために1回から数回、通院する事になります。


■1回法の場合

顎の骨の中にインプラント体を埋め込みます。2回法と異なりインプラント体の頭の部分を出した状態で植えます。

■2回法の場合

1次オペ:顎の骨の中にインプラント体を埋め込みます。

2次オペ:1次オペから上顎なら3~6カ月、下顎なら2~4カ月後、埋入したインプラント体が骨にくっついたら、歯ぐきの中に埋まっている頭の部分を出します。

Step3:仮歯の調整と上部構造の作製

上部構造(インプラント体に装着する人口歯)の製作と、製作中に使用する仮歯の調整を行います。


仮歯の調整と装着

歯の部分の調整を行います。かみ合わせや形態を見るので主治医と相談しましょう。

仮歯の調整と装着

歯の部分の調整を行います。かみ合わせや形態を見るので主治医と相談しましょう。

Step4:メンテナンス、アフターケア

3ヵ月~6カ月の間隔で歯科医院でメンテナンスを受けることが理想的です。

歯周病予防や上部構造の管理があなたのインプラントをより長持ちさせ、快適な毎日を過ごすことにつながります。


■定期健診で行うこと

  • インプラントの状態チェック
  • 歯ぐきやインプラント周囲の歯の状況の確認
  • 必要に応じて、クリーニングなど
check

インプラント治療に、独自の保証を設定している医院が多くあります。 保証を受ける条件として、定期的に歯科医院に通院することが明記されている場合もあるので、万一の場合のために保証内容を確認して、条件を満たすようにしておきましょう。

このページの一番上へ ▲