インプラントのオペを行うための、骨や歯周組織の再生について

骨、歯周組織の再生

インプラントの「土台」を整える方法

インプラントを支える「土台」となる、骨や歯周組織。その骨の厚みや幅が不足していたり、歯周病で状態が悪くなっている場合には、骨を増やしたり、歯周組織を再生するための処置をインプラントのオペの前に行う事があります。

・GBR法(骨再生誘導法)
・GTR法(組織再生誘導法)
・エムドゲイン法(歯槽骨再生療法)など


GBR法(骨再生誘導法)

GBR(Guided Bone Regeneration)とは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚みや幅がない場合に行われる治療法です。

歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促す方法で、インプラントを埋め入れるために十分な骨の量がない場合や、歯周病治療などに利用されます。

再生させたい部分にメンブレンという膜を入れてスペースを確保し、そこに自家骨または骨補てん剤を入れて再生を促します。

GBR法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になる場合があります。


GTR法(組織再生誘導法)

歯を支える歯周組織が炎症をおこし、それが進行すると、歯を支える骨が吸収されてしまいます。
※歯周組織とは、歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質の4つの組織の総称です。

吸収し、乏しくなってしまった歯槽骨は、歯周病が治っても、残念ながらもとのようには回復しません。

なぜなら、骨よりも歯肉のほうが回復するスピードが速く、本来骨が回復するはずのスペースが、歯肉で埋まってしまうからです。

歯を支える骨が乏しくなった状態では、インプラントの土台として十分でない場合があります。 そこで、歯周組織(骨)を回復するために行われるのが、GTR法です。

歯と歯肉の間をきれいに清掃して、その後、骨を再生したい部分に人工の膜を入れます。 膜で覆うことで、骨が回復するまで歯肉が入ってこないように、スペースを確保します。

土台となる歯周組織の状態が悪いためにインプラントができなかった人でも、歯周組織を回復することで、インプラントが行えるケースがあります。


エムドゲイン法(歯槽骨再生療法)

GTRと同じように、歯周組織を回復する方法として、エムドゲイン法もあげられます。
歯肉の中にエムドゲインゲル(歯周組織再生誘導材料)を挿入し、骨が再生するスペースを確保します。

エムドゲインゲルは、歯周組織の再生を促しながら、吸収されていきます

エムドゲインの主成分は、エナメルマトリックスデリバティブというタンパク質で、子供の頃歯が生えてくる際に、重要な働きをしてくれる成分の一種です。 この成分の作用により、歯周組織の再生が促進されます。 エムドゲイン法はゲルを挿入する治療のため、再生できる範囲は、膜で覆うGTR法のほうが広くなります。


これらの処置の必要の有無

GBR法、GTR法、エムドゲイン法、そのいずれも、骨や歯周組織を再生させ、インプラントを行うのに十分な「土台」を作る効果的な方法ですが、再生できる骨量には限界があります。

インプラントをするためにそれらの処置が必要かどうか、また、それらの処置を行えば埋入が可能なのか、行ってもなお困難なのかは、その方の歯や骨、歯周組織の状態によりますので、歯科医院でご相談下さい。

また、上顎の骨が不足している場合には、これらとは別のソケットリフト法、サイナスリフト法というテクニックが使われる場合もあります。

>>サイナスリフト、ソケットリフトについて


このページの一番上へ ▲