骨が不足している場合のインプラントについて

骨が足りない場合の治療

骨が足りないと言われたあなたでも...

骨が薄い、足りない、歯周組織の状態が良くないからインプラントが難しいという場合には、追加処置を施せば治療が可能となる場合があります。

そのような処置が得意な医院、そうでない医院があるので、無理だと言われた場合でも、別の医療機関で相談したら、可能になるかもしれません。

歯を健康に回復したい。インプラントを行いたい。
そう思って、歯科医院に行ったのに、検査や問診の結果、残念ながら無理だと言われてしまうケースがあります。

希望をもって医療機関に足を運んだのに、無理だと知らされ悲しい気持ちを味わった経験をお持ちの方。以前に治療は無理だと言われたことがあるあなたでも、様々なオプション処置が可能な歯科医院でなら、治療が行える可能性があります。

骨の量や厚みが不足している場合にそれを補うために骨を造成する技術など、かつては治療を行うのが困難だった難症例を可能にする処置を行える歯科医院もあります。

同じ症状でもドクターによって処置方針はさまざまです。別の医療機関で相談をしてみたら、治療が可能だったという場合も少なくありません。


難症例を可能にする処置

骨の厚み、幅が足りない場合には
骨誘導再生法(GBR:Guided Bone Regeneration)、骨移植等

>>詳しくはこちら

上顎の骨が、水平方向に足りない場合には
サイナスリフト、ソケットリフト(オステオトーム)等

>>詳しくはこちら

歯周組織に炎症がある場合には
歯周組織再生療法(GTR)

>>詳しくはこちら

治療可能なケースが増えているとはいえ、現在でも全ての方がインプラント治療を受けられるというわけではありません。

骨粗鬆症で骨がすかすかになっている方、糖尿病で歯周組織が痛みやすく回復しにくい方などの場合は、それらの処置を施してもインプラントができない場合があります。

治療が可能かどうかの判断については、インプラントが得意な歯科医院で相談して、確認をしてみる事をおすすめいたします。


このページの一番上へ ▲