インプラントで支える、取り外し式の入れ歯

入れ歯をインプラントで固定する「オーバーデンチャー」

オーバーデンチャーとは

残っている歯を加工をしたり、数本のインプラントを埋入して、それらを支えにすることによって安定性を向上させた、取り外し式の入れ歯を「オーバーデンチャー」といいます。
入れ歯で「ずれる・外れる」「痛い」「ガタついて物が噛めない」等のお悩みがある方や、ほとんどの歯を失ってしまった方に適した治療法です。

通常の入れ歯は粘膜で噛む力を支えますが、オーバーデンチャーは入れ歯でありながら、残った歯やインプラントを支えにします。そのため、粘膜だけで支える通常の入れ歯よりも支持性が上がり、良く噛めるようになるのが最大の利点です。

また、総入れ歯の場合は、顎の骨に噛む力の刺激が全く伝わらず、骨が徐々に痩せて退化していきますが、オーバーデンチャーの場合は、インプラントを通じて骨に刺激が伝わることで、歯を支える骨や歯茎が痩せていくのを遅らせることができます。

オーバーデンチャーのメリット

  • 入れ歯を支える力が大きいため、通常の入れ歯より、よく噛めるようになる。
  • 歯を支える骨の吸収をおさえて、長期に渡り入れ歯を安定させやすい。
  • 取り外し式のため、入れ歯の修理が行いやすい。
  • 入れ歯が取り外しができるので、お手入れが容易。
  • 外科処置が最低限で済む。
  • 埋入するインプラントの本数が少ないため、費用を最低限に抑えられる。

オーバーデンチャーのデメリット

  • 噛む力が大きくなるため、通常の入れ歯に比べると、入れ歯が割れやすくなったり、消耗しやすいため、設計に工夫が必要。
  • インプラントと入れ歯、それぞれのお手入れが必要となる。
  • 入れ歯を取り外してお手入れをすることが嫌な方には、適さない。
  • 少ない本数のインプラントで支えるため、1本でもインプラントにトラブルが起こると、入れ歯を使えなくなり、噛みづらくなる可能性がある。
  • インプラントや残存歯で支えている箇所は骨の吸収の進行が抑えられるが、粘膜で支えている部分については、吸収が進行する可能性がある。

入れ歯を連結するためのアタッチメント

バータイプ

インプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込む金具を付け、インプラントと入れ歯を固定します。
このバータイプのオーバーデンチャーは、最低2本のインプラントで行いますが、骨が吸収されている場合などは、より多くの本数のインプラントが必要になる場合もあります。


ボールタイプ

ヘッド部分が丸い、ボール状の細いインプラント使用するタイプです。
入れ歯の裏側に特殊な金具を付け、ホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定します。簡単に入れ歯を着脱できます。


マグネットタイプ

インプラントと入れ歯の固定に、磁石を利用します。フィクスチャーに「磁性金属」を取付け、義歯に「小型磁石」を埋め込み、磁石の力で着脱する義歯です。
バネや複雑な仕掛け等がないシンプルな構造なので簡単に装着取り外しができ、通常の義歯と比べて、お手入れも簡単にすみます。


インプラントオーバーデンチャーまとめ

  • インプラントオーバーデンチャーは、歯のない方にとって有効な治療の選択肢となりえます。
  • インプラント上、またはバー上部構造上に装着されるアタッチメントの使用により、安定性を確保します。
  • 取り外し式入れ歯と、インプラント、または残存歯の、適切な洗浄、衛生対策、メンテナンスは、長期的に良好な状態を保つために、とても重要です。
  • 患者さまお一人お一人の歯や骨の状態によって、適した治療は異なります。歯科医院で相談の上、ご自身に適した治療法を選択いただくことをおすすめ致します。

このページの一番上へ ▲