インプラントについて、よくあるご質問にQ&A方式でお答えします。

インプラントよくある質問

インプラントとはどういうものですか

インプラントとは、歯失った場合に顎骨に人工歯根を埋入して、それを土台に人工歯を取り付ける歯科治療のことです。 一般的には歯のインプラントの事が思い起こされますが、本来インプラントとは体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。心臓のペースメーカーや、人工関節、豊胸や美容目的で埋め込むシリコン材料等もインプラントとなります。

歯のインプラントは、正確には「デンタルインプラント」としてそれらとは区別されます。

このページの一番上へ ▲


インプラントはどのような時に行われる治療ですか?

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)、外傷等によって歯を失うことがあります。また、先天的に歯が無い方や、永久歯が生えてこない方もいます。 そのような歯が無い部位の顎の骨に人工歯根を埋め、そこに人工歯を取り付けるのが、歯科インプラント治療です。

インプラントは1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。

このページの一番上へ ▲

インプラント以外の治療法は?

歯を無くした部位や本数にもよりますが、インプラント以外の選択肢としては、総入れ歯、部分義歯、ブリッジによる治療が検討されます。

義歯、ブリッジとの違いについて詳しく読む

このページの一番上へ ▲

インプラントは安全ですか?

インプラントは、部位やメーカー等によっても異なりますが、おおよそ90~95%程度の成功率であるといわれています。 埋入オペという外科処置を伴う以上、完全にリスクがないわけではありませんが、信頼性の高い治療といえるでしょう。 インプラントは外科処置のため、CTスキャンなどの医療設備の有無や衛生面への配慮、歯科医師の技量(診査、診断、オペ技術など)、術後のケアなどによって、安全性には差が生じます。

このページの一番上へ ▲

インプラントの寿命は?

インプラントの寿命は、埋入した部位、埋入の条件等により異なります。そのため、一口に「何年」と言いきるのは難しいですが、下記のような報告がなされています。

’’いわゆる埋入したインプラントが何年間口腔内で残存・機能するかという問いには(いわゆる寿命)、現在の研究報告を見る限り適切に回答することは困難である。加えて、インプラントの残存率は埋入部位および埋入条件により異なるが、システマティックレビュー等を参考にしたところでは部分および全部欠損症例における 10~15 年の累積生存率は上顎で約 90%程度、下顎で 94%程度である。また抜歯即時埋入や骨移植を伴った埋入では若干生存率が下がるものの 87~92%程度である。’’

(日本歯科医学会厚生労働省委託事業「歯科保健医療情報収集等事業」平成26年3月 より抜粋)

このページの一番上へ ▲

インプラントの利点は?

インプラント治療の利点は、人工歯をしっかりと固定できることです。 そして、インプラントの場合は残っている歯を削ったり、残っている歯に義歯を安定させるための装置を付けたりすることはありません。 残っている歯に負担をかけずに治療をおこなうことができることも、インプラント治療の利点です。

このページの一番上へ ▲

インプラントの欠点は?

インプラント治療の欠点として、インプラントを埋入するための手術を受ける必要があるため、全身状態が良くない場合や埋入予定部位に骨が十分に存在しない場合には治療が難しいこと、治療費が高額であることがあげられます。

現在のインプラントは骨に結合するものが主流ですが、粘膜との結合が強くないため、天然の歯に比較すると感染に弱い傾向があります。 またインプラント治療において問題が起きた場合には、その問題の解決が難しいことも欠点といえます。

インプラントのメリット、デメリット

このページの一番上へ ▲

インプラントは誰でも受けることができますか?

高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患、喘息等の呼吸器系疾患、糖尿病や骨粗鬆症等の疾患、腎臓や肝臓の機能障害がある場合には注意が必要です。 また、服用中の薬によっては、インプラント治療が適さないこともあります。(血が止まりにくくなる薬や、免疫を抑制する薬など。) 現在治療中の疾患がある方は、その疾患の担当医にも手術を受けられるかどうか、確認をしたほうがより安心でしょう。

また、インプラント埋入予定部位に充分な骨が存在しない場合には、インプラント治療をおこなうことが困難です。 インプラント埋入手術の前、あるいは埋入手術と同時に骨を造るための手術をおこなうことで、インプラント治療をおこなえるようになる場合もあります。

歯周病に罹患している患者さんや喫煙される患者さんにおいては、治療後のインプラントの残存率(寿命)が低いことが知られています。歯周病に罹患している場合は歯周病の治療を優先しておこない、喫煙されている場合は減煙あるいは禁煙してから、インプラント治療を受けることをお勧めします。

このページの一番上へ ▲

インプラントの費用はどのくらいですか?

通常の場合、インプラントには健康保険が適用されないため、患者さんが全額を負担する自費診療となり、費用は高額になります。 治療費は医院によって異なりますが、30万円から50万円の範囲が相場の目安です。 治療前の検査、インプラントを埋め込む手術、事前の補所手術の有無、最終的に被せる人工歯の料金を含め、治療が全て終了するまでに必要な費用を確認してから、治療を受けるようにすると良いでしょう。

インプラントは医療費控除の対象となるため、還付金を受けることができます、還付を受ける場合は、支払った治療費から還付金を除いた差額が、実質的な費用となります。

費用について詳しく読む

医療費控除について詳しく読む

このページの一番上へ ▲

インプラントの治療期間は?

おおよそ、3ヵ月~10ヶ月程度が目安ですが、治療を開始から治療終了までの期間は、個々の症例によって大きく異なります。

インプラント治療を受ける前には、治療期間についても、しっかりと確認してから治療を受けるようにしてください。

このページの一番上へ ▲

関連記事