上あごのインプラントを成功させるための、補助手術について。

上顎インプラントの補助手術、サイナスリフト、オステオトーム等

上顎インプラントの難症例に

上顎の上、ほほの骨の中は、大きく空洞になっています。そこを上顎洞(サイナス)といいます。 上顎洞は、鼻腔につながる空洞で、粘膜で覆われています。
上の歯にインプラントをする場合は、上顎洞に到るまでの、上顎の骨の中に、インプラント体を収める必要があります。
そのため上顎の骨の厚みが足りない方の場合、そのままでは治療を行うことができませんが、事前に補助手術を行う事で、インプラントが可能になる場合があります。

・ソケットリフト法
・サイナスリフト法 など


ソケットリフト法(オステオトーム)

ソケットリフト法とは、上顎の骨が薄い場合に、骨の厚みを増すために行われる方法です。
口腔内から少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げ、上顎洞底部を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法などで骨造成を誘導する治療法です。

押し上げられた粘膜と、その間に詰まった骨のもととなる物質の分だけ、骨の厚みを増すことができます。

この方法は、垂直に4mm以上の骨の厚みがある場合に行われます。5mmに満たない場合は、サイナスリフトが行われる場合があります。


サイナスリフト法

ソケットリフト法と同様、上顎の骨が薄い場合に、骨の厚みを増すために行われる方法です。 こちらは主に、上顎洞と上顎との距離が狭く、オステオトームが行えない場合に選択される方法です。

上顎の骨の再生手術の術式のひとつで、頬側の歯肉を剥離して骨を取り除いて上顎洞底部を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法などで骨造成を誘導する治療法です。


このページの一番上へ ▲