インプラントがどのような構造になっているかについて

インプラントの構造

インプラントの構造は大きく3つに分けられます

インプラントの構造

インプラントは、天然の歯に近い構造でつくられています。

歯根(歯の根の部分)に相当するインプラント体(フィクスチャー)、 歯冠(目で見える歯の部分)に相当する上部構造、そして、フィクスチャーと上部構造を連結させる、連結部(アバットメント)で構成されています。


インプラント体、フィクスチャー(歯根部)

インプラント体、フィクスチャー(歯根部)

歯根に相当するもので、骨と結合し、歯を支える部分となります。本体に相当する部分です。

歯槽骨の中に直接埋められる部分で、チタンかチタン合金で作られているものが主流です。太いもの、短いものなど、症例によって様々な形状のものが使用されます。

チタンは、非常に生体親和性が高く、骨と結合する性質を持っており、人工関節などにも使用されています。


アバットメント(歯台部)

アバットメント(歯台部)

インプラント体の上に上部構造を装着するための土台となるものです。

アバットメント上部構造(=人工の歯冠部)とインプラント体を連結するためのパーツになります。

一般的にアバットメントはスクリューでインプラント体に固定されます。
アバットメントの上に上部構造が付きますが、上部構造がインプラント体に直接付く場合もあります。


上部構造(歯冠部)

上部構造(歯冠部)

天然歯の歯冠に相当する部分です。外から「歯」として見える部分になります。

上部構造は一般にセラミックで作られます。

強い衝撃が加わったりすると、まれにセラミックが破損する場合がありますが、本体であるフィクスチャーと骨との結合に問題が無ければ、上部構造の取りかえだけで済みます。

上部構造が外れないようにセメントを用いて付ける場合と、スクリューでアバットメントかインプラント体に付ける場合があります。

1本の欠損歯に対して1つのインプラント体を埋入している場合には上部構造も1つの歯の形になりますが、欠損歯より少ない本数のインプラント体を埋入している場合は、複数の歯の形の上部構造を製作する場合もあります。


関連記事